2013年7月31日水曜日

家族でキャンプ 備北オートビレッジ 2日目(2度目)

2013年 7月27日

7:15am 24.1℃ 湿度86%



久々の晴れキャンで快適ですv( ̄ー ̄)v




サイト後ろの木を利用して干してみました。

100均で購入したロープを括り付けました!

100均で十分対応出来ております y(^ー^)yピース!


今日は公園内のサイクリングコースに挑戦する予定です!

その前に、子どもは昨日トイザラスで買ったおもちゃで遊んでいました。



このおもちゃ、しっかり飛ばすには結構な力とコツが要ります。

上手くやれば3メートル近く上昇するのですが

子どもには難しかったようです o(T^T)o

何度もチャレンジしていましたが・・・上手く行きませんでした。


そして、予定通り公園内のサイクリングコースへ!




ここで自転車を借りることにしました。
(2時間で大人250円・子ども100円)

子どもは最も小さい18インチ、私と妻は最も大きい26インチを借りました。

自転車は綺麗で良いのですが、ここで一つショックなことが・・・


ママチャリなんです(T△T)

MTBを期待していたので結構ショックでした・・・


専用のサイクリングコースが用意されています。

所々で休憩兼遊べる場所が無数にあります。


【きゅうの丘】



ここは途中にあるバカデカイ公園です。

BBQをやる場所もあります。

こんな立派な公園があるなんて庄原の方が羨ましい w(*゚o゚*)w

子どもは大喜びです!



サイクリングコースは残りの距離数が表示されていなかったように思います。
(私が気付かなかっただけかも知れません)

後どのくらいでゴールなのか、ハラハラしながら走りました(笑)



コースは整備されていて綺麗でした。

アップダウンは結構あります。

5歳の子どもと所々で休憩して1時間30分程度で回れました。

そして、MTBが欲しくなりました!


次はカブトムシドームへ!


あんまり期待していませんでしたが・・・

ドームでか過ぎ!!本格的過ぎ!!


何もかもが想像よりも大きいです。

中にはカブトムシやクワガタがワンサカいますw( ̄△ ̄;)w

触るのは自由で大勢の子ども達が触りまくっていました。




子どもはいつの時代もカブトムシ好きなんでしょうか。

懐かしくもあり、何となく嬉しくもありました (^▽^)/



で、キャンプ場に帰ってからのジャブジャブ池



浅いですが、5歳の子どもには十分です (o^∇^o)ノ


30分程度遊んでサイトに帰り、明るい内に食事をすることにしました。

二日連続のBBQ(汗)


昨日作ったブタバラの燻製、写真撮るの忘れていましたヽ(TдT)ノ

BBQグリルの写真、12時辺りに3枚並んでいる肉が

昨日燻製したブタバラです。

一応成功しています。味は抜群でしたよ!

炭で食べる肉は本当に美味しいです!!

食事の後は近くの温泉に行くことにしました。


かんぽの郷 庄原


ここは最高に良かったです!

更衣室は広く涼しい!対応は丁寧!!館内は綺麗!!!

温泉っぽさはないかも知れませんが、風呂を入る目的であれば

満足出来ると思います!


サイトに帰ってからはいつも通りの夜更かし (⌒・⌒)ゞ

午後11時30分で気温は22.2度、湿度80%

今日はこの時間でも外が少し騒がしいです・・・

この理由は3日目に知ることとなります。


避暑地として過ごせています。

後、なぜか虫が少ない。

真夏の備北オススメできます!




☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。




2013年7月29日月曜日

家族でキャンプ 備北オートビレッジ 1日目(2度目)

2013年7月26日

2泊3日で備北オートビレッジに行ってきました!

前回が大雨で不完全燃焼だったので、今回はリベンジキャンプとなります!

天気予報が不安定だったので、直前まで行くのを迷っていました (T△T)

必要な買い物は当日行うことになり16時頃の到着となりました。

今回はA-16をお借りしました。



時間がないので、すぐに夕食の準備をしました。

夕食はBBQなので炭起こしをします。



この炭起こしは今回がデビューです\( ̄▽ ̄;)/

今まで大きい火起こしを使っていましたが、3人家族には大きすぎました。

この程度の炭の量だと、大きい火起こしでは着火しにくいです。

今回の火起こしなら、この程度の炭でもしっかり着火できます!



初日は何も出来そうにないので、料理に力を入れてみました。

前回からはまっている燻製!!


今回は豚バラブロックを燻製します。当日思い付きで買いました。



100グラム118円の安いお肉です (*⌒∇⌒*)



クレイジーソルトを使います。これも今日買いました。



とりあえず、子どもと一緒にクレイジーソルトを塗りこみます。

子どもは大喜び O(≧▽≦)O



すぐ暗くなったので、急いでお肉とチーズを燻製器の中に入れました。




食事もがわり、夜は花火をすることになりました。

暗かったので、BBQは急いで食べました。

写真を撮る余裕が全くありませんでした(T_T)


備北はサイトでの花火が出来ません。

花火をする場所が指定されているので歩いて行きました。

この花火、一年前に残っていた物ですが、見事に使えました



花火が終わってサイトに帰ると、燻製が終わっていました。

出来上がった燻製チーズです。


ちょっと、燻製され過ぎじゃ・・・?

味は良かったです。少し濃いかったですけど。

ブタバラの写真は2日目のブログに少しだけ出ます。
写真撮るのを完全に忘れていました(T_T)

夜は酒飲んでまったりしました ( ̄。 ̄)ボ~~~~ッ

気温は23時で23度でした。

昼間は鬼のように暑かったのですが夜は最高に過しやすいです!






☆妻のキャンプブログ☆←妻もブログをしています。良かったら見てください。





2013年7月26日金曜日

SOTO ST-450 フィールドチャッカーを購入



燻製時、スモークウッドを着火させるために買いました。

SOTO フィールドチャッカー ブラック ST-450



CB缶は要らなかったのに・・・

この商品、市販のCB缶も使えるようで経済的です。

CB缶はネットで購入するより、ホームセンターの方が安いです。


ST-450はアマゾンで購入しましたが、見た目が全く同じ商品があります。

ST-Y450。後で分かったのですが、品物自体は同じらしいです。

特定の店舗にだけ流通させている商品との事です。

ST-Y450の方が安いです。

ST-Y450


こっちにしとけば良かった( ̄□ ̄;)!!

後で気付くと金額の差以上に悔しいです!


そして、明日から二泊三日で備北オートビレッジに入って来ます!!!

もちろん、ST-450持っていきます。


では、最後に今日の一句
燻製は 一度作ると やめれない



 
さよなら



2013年7月22日月曜日

キャンプ用品の収納 車編



キャンプへはついつい荷物を多めに持って行ってしまいます。

私の車にキャンプ用品を積むとこんな感じになります ( ̄Д ̄;;

ちなみに車はトヨタのヴァンガードです。





私と妻と子どもの3人でのキャンプでこの荷物ですから

一人増えたりするともう置けません!

いずれは自転車をキャンプ場に持って行きたいと思っていますが

この量だと自転車の積み込みは難しいです。

何とかキャンプ場に持っていく手はないのだろうか・・・

考えた結果、導き出された方法が車載キャリアです(^▽^)/

色々なキャリアを見た中で、このキャリアが気になっています!



テルッツオ(TERZO) 

ライトサイクルキャリア サリス EC16




価格が安いので、これなら手が届きます。

あと、色々な方がブログでレビューされているので安心感があります。

これは2台用です。3台用もあります。


3台用


どうせ買うなら3台用にすると思います。

ルーフに積む方法もありますが、ルーフには自転車ではなく

荷物を積みたいと考えているのでリアキャリアを候補に挙げました。

ただ、ここで大きな問題が!

車載キャリアを購入する前に自転車を手に入れないといけないということ・・・

欲しい物だらけです ( ̄ー ̄)ニヤリッ



それから、荷物を軽減させるにはルーフキャリアを使いたいと思います。

いずれ購入しようと思っているのがこれです。


THULE スーリー ソフトルーフボックス

TH6011 レンジャー Ranger 90 TH6011




完全防水ではありませんが、少々の雨なら大丈夫かと思います。

着脱が簡単で使用しない時はコンパクトに折りたためます。

これらを使って一週間くらいのキャンプがしてみたいです \(^▽^)/



では、最後に今日の一句
なぜだろう たった二日で この荷物



 
さよなら

【その他の収納関連記事です】

シュラフを洗濯した後の比較

続:シュラフを家庭用洗濯機で洗ってみた


家庭用洗濯機でシュラフを丸洗い!

シュラフを家庭用洗濯機で洗ってみた


持ち運びも保管もこれでOK

シュラフなどの寝具用品をまとめて収納する方法


整理整頓の小技ブログその1

【100均で簡単】キャンプ用品の整理整頓


実際に車にキャンプ道具を積んだブログ






2013年7月21日日曜日

キャプテンスタッグ 炭焼き名人FD火起し器 M-6638

炭起こしを買い替えました。



贅沢にユニフレームのチャコスタminiを買おうと思ったのですが

なぜか廃盤になっていましたΣ( ̄Д ̄;)がーんっ!



サイズ違いを既に持っていますので今回は買い替えです。




大は小を兼ねると思って最初に大きい方を買いましたが

そうではありませんでした( ̄□ ̄;)!!

3人家族がBBQで必要とする炭は少ないです。

そうなると、大きい炭起こしでは底が深いため、炭になかなか着火しません。




写真の通り、大きいほうは倍以上深いと思います。

大きい方は、大人数でキャンプをする時が来るまで封印しておきます。

ちなみに、サイズが違っても金額はあまり変わりません。



キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炭焼き名人FD火起し器 M-6638 




キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炭焼き名人FD火起こし器大 M-6639 






ちなみに、炭はこれを使っています。


ユニフレーム(UNIFLAME) 岩手切炭 3kg 箱入 256859




この炭は形が整っているので凄く使いやすいです。

私はユニフレームの物を使っていますが、高いです(▼へ▼メ)

よってこちらをお勧めします!


国産 岩手ナラ切炭 6Kg 


はっきりとは分かりませんが、中身は同じだと思います。
(確認はしておりませんので自己責任でお願いします)



炭起こしは動画を作成したので宜しければご覧ください。


【キャンプ道具】キャプテンスタッグ FD火起こし器 




では、最後に今日の一句
なぜだろう 廃盤知ると 欲しくなる



 
さよなら





2013年7月17日水曜日

カブトムシの人工蛹室を作成

カブトムシの蛹を頂きました。


そろそろ、キャンプ場でもカブトムシが採れる時期だと思います。


頂いたのは良いのですが、蛹が腐葉土の上に出ていました。


・・・蛹って土の中に入るんじゃなかったっけ??


子どもの頃の記憶なので定かではありませんがそんな感じがしました。


不安になってネットで調べると蛹室は羽化に必須とのこと


このままでは100%死んでしまうということなので


人工蛹室を作成することにしました。


作成して2時間経過した写真です。








既に2匹が羽化を始めています!


早めに気付いて良かったです。


カブトムシを育てるなんて30年振りですw( ̄o ̄)w





2013年7月14日日曜日

電動空気入れ ロゴス ハリケーンパワーブロー(AC専用)

夏キャン突入前に間に合いました!


ハリケーンパワーブロー(AC専用)





これで汗をかかずにエアウェーブマットを膨らませることが出来ます。



ロゴス(LOGOS) エアウェーブマット・シングルJ








ノズルは3つ付いています。





電源を入れるとかなり大きな音がします 


さすがはハリケーンパワー w(゚o゚)w 


ハリケーンパワーブロー(AC専用)




商品説明にはありませんが、電源コードが3mもあります。




テント内で作業をするのに便利だと思います。



では、最後に今日の一句
入れるより 抜くのはもっと 大変よ



 
さよなら





2013年7月11日木曜日

蜂の巣 駆除 フマキラー ハチ・アブ ダブルジェット 450ml

家の窓サッシ下に蜂の巣が出来ていました ( ̄△ ̄;)エッ・・?








ブログの途中で駆除する動画を用意していますが
グロイのが苦手な方は観ないでください


巣は大きくありませんが、この状態になるまで何日かかったのか・・・


毎日のぞく場所なのに全く気付きませんでした。


蜂の巣を駆除した経験はありませんのでネットで調べることに。


すると、市販の殺虫剤でも駆除が可能との事。
(自己責任ですけど!!)


そういえば、キャンプで蜂が出た場合に備えて買っていました。


フマキラー ハチ・アブ ダブルジェット 450ml




これを使って駆除したいと思います。

危害さえなければ共存が望ましいのですが・・・


駆除開始です。
蜂の巣に向かって10秒噴射!!



反撃してきたらどうしよう??なんて考えていましたが


この噴射力だと反撃は無理です!

何匹かは逃げましたが、戻ってくることもありませんでした。


強力すぎます (゜ロ゜)ギョエ!!




あっけなく駆除完了です。





火バサミを使って取りました。






キャンプ道具は何かと役に立ちます。








では、最後に今日の一句
猛暑日に 長袖を着て 蜂退治



 
さよなら